気になるシミができてしまったら

シミがあるとどうしても老け顔になってしまうので、女性の多くはシミを作らないように一生懸命紫外線から肌を守ったり、美白効果のある化粧品などを使っています。それでもできてしまった場合はどうすればよいでしょうか。

皮膚の奥にあるメラノサイトが紫外線やダメージから肌を守るためのバリアとしてメラニン色素を作りだします。だからメラニンは本来肌を守ってくれるものなのですが、それが沈着してしまったものがシミとなるのです。

若いころは新陳代謝が良く肌のターンオーバーも28日周期で入れ替わるのでメラニン色素もすぐに剥がれていくのですが、加齢とともにターンオーバーの周期が伸び、作りだされたメラニンがなかなか排出されずに蓄積し肌に色素沈着をしてしまうのです。

そして紫外線や肌への刺激を受け続けるとメラノサイトからメラニンが作りだされるという作業が止まらなくなりずっとメラニンが作りだされ続けるという異常な事態になってしまいます。だからできるだけ紫外線や刺激から肌を守り、肌を健康な状態に戻すことでメラニンの産出を抑制していく必要があります。

その他のシミができる原因とは?

シミができる原因は紫外線や肌への刺激によるものだけではありません。乾パンといわれていますが、女性ホルモンが影響していることもあります。加齢だけではなく悪い生活習慣やストレスなどによってホルモンのバランスが崩れることによってシミができることもあるのです。

いずれの原因にしてもシミができてしまうのは健康的な肌の状態ではないということです。シミは長く放置しているほどなかなか消えないという現状がありますが、シミを少しでも薄くするために美白効果のある化粧品などで漂白したりターンオーバーを早めるためにマッサージをしたり美顔器を使ったりして努力をしています。それでもなかなか改善しないのは健康的な肌二なっていないからなのです。

シミは皮膚科で改善できます

そこでシミを本格的に改善するためにはシミの名医を探して皮膚科に行ってみるとよいでしょう。美容皮膚科や皮膚科ではレーザーでシミを取るという方法も行われていますが、メラノサイトがメラニンを作り続けるという作業を行っている以上またシミができてしまうのです。

皮膚科のシミの名医なら肌そのものを健康にしてメラノサイトの働きを正常に戻すような治療をしてもらえるでしょう。また皮膚科なら医師しか使うことができないような薬も処方してもらうことができるので市販の化粧品や美容液などを購入して使うよりもはるかに効果が高いです。

名医といわれる皮膚科が自宅近くになくてもインターネットで調べることができるので名医に診てもらうことも可能です。そしても長く放置せず早めに名医に診てもらうことをおススメします。